「I love you」って日本語でなんていうの?

“I love you”用日語怎么說?

直訳なら「愛している

直譯:「愛(あい)している」“我愛你

>ちょこちょこさん

私は昔から「I love you」は『私はあなたを大切にする』と訳していました。

我一直把「I love you」翻譯成“我會珍惜你”。

>チュン夫

だいすきって、ときどき言ってます。確かに日本人は「アイラブユー」的なものはあまり言いませんけど。告白などではなく、日常的?に使うのなら、「大好き」っていうのがそれっぽいような気がします。

我經常會說「だいすき」“非常喜歡你”。確實日本人不怎么說“I love you”類型的話。日常生活中使用的話,「大好き」“非常喜歡你”離原文比較近吧。

>木曜午後

英語でI love youと言う狀況全てに対応できる一つの日本語というのは無いと思います?!笎邸工趣いρ匀~がLOVEの訳語として採用されたのは明治時代からです。

沒有某一句日語能應對英語I love you的所有場面吧。用“愛”來翻譯LOVE是從明治時代開始的。

かつてTV討論番組であったのですが、遺書の最後が両親へ感謝の言葉で終わっているのをみて外國人タレントは、最後が「ありがとう」であって「愛してる」ではないのは親子関係が破綻していたに違いないという意見を述べ、それに対して多くの日本人タレントが「ありがとう」が日本人にとって親に言うI love youだと猛反論していました(私も同意です)。

以前有個電視討論節目中提到遺書的最后以對父母的感謝結束,看到這一幕的外國藝人表示“最后寫的是‘謝謝’而不是‘我愛你’,那么他們的父子關系一定破裂了”,對此很多日本藝人強烈反駁說“‘謝謝’就是日本人對父母說的‘I love you’”(我也同意這個觀點)。

さて、色戀のI love youの訳し方で有名な話が二つありますね。

夏目漱石が大學で學生に"I love you."を訳せと問いかけ、「我汝を愛する」といった類の學生の回答に対し、「日本人ならこういうときは『今夜は月がきれいですね』と言うんだ」と言ったとか。

また、女の人が「好きです」なんていうのははしたないことだった當時、二葉亭四迷はI love youを「私死んでもいいわ」と訳し名訳として評判になったとか。

另外,戀愛上的I love you譯文有兩段佳話呢。

據說夏目漱石問大學生們“I love you”要怎么翻譯,學生回答是“我愛你”,但夏目漱石說“日本人這時候會說‘今晚月亮真美’”。

還有在女人說“我喜歡你”被視為不檢點的時代,二葉亭四迷將I love you翻譯成“我原意去死”,被奉為名譯。

>みみ

誰が誰に対して言うかで微妙に違ってくるような……

*親→子なら……「かわいい!大好きだよ!」

*戀人同士なら……「愛してるよ」「大好きだよ」「お前(アナタ)が一番大事

これじゃだめでしょうか?

我覺得誰對誰說這句話意思有點不同……

*父母→孩子的話……“可愛!非常喜歡你哦!”

*戀人之間的話……“我愛你”“非常喜歡你”“你對我來說最重要

這樣不可以嗎?

>ppon

気持ちは「そばにいるよ」という感じだと思います。肉體的にも、精神的にも「いつもあなたのそばに」。

我覺得是“我在你身邊哦”的感情。肉體上和精神上都是“一直伴隨著你”。

>スコセッシ

かなりはしょった亂暴な言い方ですが、どうしてもといえば、惚れたよじゃないでしょうか。

一定要說的話,用非常簡單粗暴的表達方式:“我迷上你了”。

當日語翻譯遇上「I love you」>>