京都市伏見區の「京都アニメーション」第1スタジオが放火され、34人が死亡した事件で、同社は7月21日、事件後初めてコメントを発表した。

京都市伏見區“京都動畫”于7月21日,就第一工作室遭人為縱火,導致34人死亡的事件,首次發布官方公告。

コメントは公式サイトやTwitterに掲載され、多數の死者が出たことについて「こんなかたちで將來を閉ざされてしまったことが殘念で、殘念で言葉に出來ません。本當に優秀で素晴らしい仲間たちでした。當社にとって、そして業界にとっても、本當に大きな痛手です」とした。

公告分別發布在官網及推特上,就眾多在事件中喪生的伙伴表示“非常遺憾他們的未來就這樣被剝奪了,讓人痛心到無以言表。他們都是非常優秀、非常出色的伙伴。他們的離去對于公司,對于整個動漫行業來說都是沉痛的打擊”。

その上で、「傷ついた社員のご家族?ご親族、そして亡くなられた社員とご家族?ご親族に対し、出來る限りの取組みに努めております」と現狀について説明した。

并且對現狀進行了說明“正在盡最大努力為受傷員工及其家屬、遇難員工及其家屬提供幫助”。

また別のツイートでは、通販サイトの「京アニショップ!」での新商品の受付と、実店舗の「京アニ&Doショップ!」の営業について、運営を見合わせることを発表した。

而在另一條推文中,官方也告知網店“京anishop”新品預定和實體店“京ani&Do shop”的營業將推遲。

公告全文

這次于令和元年7月18日上午10點30分左右發生的悲慘事件,使敝公司未來可期的優秀年輕員工受傷甚至被奪去了生命。

?

這些年輕人來自全國各地,立志做好動畫,多年來攜手創作作品。

而他們的未來就這樣被剝奪了,讓人非常遺憾、痛心到無以言表。

他們都是非常優秀、非常出色的伙伴。

他們的離去對于公司,對于整個動漫行業來說都是沉痛的打擊

?

事件詳情請參見伏見區警署的通告。

在此之外,敝公司并無更多可以告知的信息。

?

目前,敝公司正在盡最大努力為受傷員工及其家屬、遇難員工及其家屬提供幫助。

媒體對應等相關事宜已委托于下述律師。暫時謝絕上門直接采訪。

本內容為滬江日語原創翻譯,嚴禁轉載。

相關閱讀推薦:“京都動畫”攝影棚遭人縱火 火災現場多人傷亡