■一昔前には考えられなかった「紅白」への聲優出場

■從前很難想象聲優登上“紅白歌會”的舞臺

今、聲優を目指している若い女性にとって憧れている存在とは、単純な「聲優」というより、「アイドル聲優」なのかもしれません。

現在,夢想成為聲優的年輕女性更加向往的是“偶像聲優”,而非單純的“聲優”。

近年だと水樹奈々さんや、アニメ「ラブライブ!」出演者の聲優ユニット「μ's(ミューズ)」の活躍により、聲優が歌って踴るアイドル活動をすることが當然として見られるようになりました?!讣t白歌合戦」に聲優が出場するという狀況は、一昔前からはとても考えられませんでした。

近年因水樹奈奈、為動畫《Love Live!?》配音的聲優組合μ's的活躍表現,聲優唱歌跳舞進行偶像活動已經被認為是理所當然。其實在從前,聲優登上“紅白歌會”幾乎是不可想象的。

そのため、「バリバリのアイドルになれる自信はないけれど、聲は悪くないし、あくまで聲優として、歌って踴る存在にならなれるかも」と考える人が沢山いると思います。専門學校などでも、そうしたアイドル的なニュアンスを押し出して、生徒集めをしているところが少なからず見られます。

因此“雖然沒有能成為真正偶像的自信,但自認為聲音不錯,應該能以聲優的身份唱歌跳舞”這樣想的人數不勝數。如今也出現不少打出偶像牌招攬學生的聲優學校。

■歌や踴りのスキルが必要になった背景

■唱歌跳舞成為必要技能的背景原因

そして、それがいいことか悪いことかは置いといて、特に若手聲優にとって、歌や踴りはできるにこしたことはないスキルとなりつつあります。というのも、作品の背後にいる企業の戦略が、聲優へ大きく作用するようになったからです。

先不論這究竟是好事還是壞事,特別對年輕聲優而言,能歌善舞逐漸成為不可或缺的加分項。話說回來,這也是作品背后的企業戰略對聲優產生越來越大的影響。

かつてのアニメ業界は、アニメの地上波放送が終了すれば、作品を収めたビデオやDVDを販売するなどして、収入を得ていました。それから、キャストによる歌やオリジナルドラマを収録したレコードやCDも販売されるようになりました。つまりコンテンツをソフト化することで新たな収益を生む、という流れがスタンダードでした。実際、それなりにソフトは売れ、それでさまざまな関連企業が潤う構造になっていたのです。

過去的動畫業界是這樣運營的:電視動畫播出結束后,通過發售錄像帶或DVD的方式獲利。此后,收錄聲優演唱的角色歌或原創drama的唱片、CD開始販賣。換句話說,通過將內容光盤化獲取新收益的潮流產生了。而實際上光盤的銷量也確實很高,由此形成了各種相關企業從中獲利的模式。

しかし現在、ソフトが売れなくなりました。

可是現在盤賣不動了。

■「モノ」ではなく「體験」を売る

■販賣“體驗”而非“實物”

ではどうやって利益を上げているかと言えば、単純にモノを売るのではなく、體験を売ることへと大きくシフトしています。つまりは出演者と同じ場を共有することで満足感を得られる、トークイベントやコンサートなどに軸足を置くようになりました。

那么,怎樣才能提高收益呢?那就是從單純賣東西轉換到販賣體驗。換句話說是把重心放在談話活動、演唱會等讓觀眾通過與出演者共處一室而獲得滿足感的活動上。

今やそれなしでは利益も最小化してしまうため、アニメやゲームなどの多くにおいて、コンテンツで完結することなく、最初からイベントやライブ活動を意図した作品づくりが盛んになっています。だからこそ出演者である聲優も、必然的に歌唱力、ダンスなどのパフォーマンス、さらにはルックスまで求められるようになったのです。ひいては聲優自身が、作詞や作曲まで手がけることを求められるような時代になりました。

如今,不搞活動收益會降到最低,所以很多動畫、游戲不再是內容完結后開始打算,而是一開始就制作可以舉辦活動、演唱會的作品,這種模式越發盛行。因此對作為出演者的聲優就有了歌唱、舞蹈等表演能力乃至外貌方面的要求,進而已經到了要求聲優自己參與作詞作曲的時代。

ただし、そこで忘れてはならないのが「アイドル」と「アイドル聲優」との違いです。その最大の差異は「聲優」の位置づけが「アイドル」の上なのか、そうではないか、ということ。その違いを考えてみましょう。

只不過,我們絕不能忘記“偶像”與“偶像聲優”的不同。其中最大的區別就是“聲優”與“偶像”孰輕孰重,讓我們一起來思考其中的差異吧。

そもそも現在アイドル聲優として活躍している人たちも、そのきっかけとなるアニメやゲームのタイトルの役を勝ち取り、聲優としての実力を認められた上でステージに立っている。そのことを忘れてはなりません。ルックス、歌唱力、ダンス。それらを熱心に磨いたところで、アイドル聲優にはなれません。むしろ「アイドル」を志していることになってしまいます。

其實說起來,現在以偶像聲優身份活躍在臺前的人,正是因為作為聲優的實力獲得認同,才能夠拿下讓他們成為偶像聲優的動畫或游戲主角,從而站上舞臺,這一點絕對不可能忘記。只專注于提升外貌、歌唱及舞蹈水平是無法成為偶像聲優的,倒不如說是在努力成為“偶像”。

■ファンの多くは「キャラクター」に愛情がある

■多數粉絲愛著的是“角色”本身

聲優のファンの多くは、そもそも作品の「役」「キャラクター」に対しての愛情があり、その聲を擔當する聲優へ愛情を投影している場合がほとんどです。だから、聲優がその作品のキャラクターに言霊を込めて演じない限り、誰も魅了することはできず、応援もしてくれないでしょう。

大部分聲優粉是因為喜愛作品中的“角色”,并將這份感情投影到為其配音的聲優身上。因此,若聲優在演繹這個角色時沒有傾注靈魂的話,是無法吸引任何人,也不會得到支持的。

さらに言えば、もしファンを獲得できたとしても、キャラクターがあってのあなたの「聲」であり、多くの場合、その人気はあなたという存在だけに向けられたものではないはずです。しかし、昨今の聲優人気の高まりの中で注目を浴びる機會も増えているからか、そうした事実を理解するチャンスが少なくなってしまいました。

再進一步說,即便獲得粉絲,那也是因為成就這個角色的你的聲音,很多情況下,這種關注并不是集中在聲優個人身上。然而或許是如今聲優人氣正盛,受人矚目的機會增加,讓人理解這一事實的機會減少了。

しかも聲優のファンは、多くのコンテンツに觸れ、非常に感覚が研ぎ澄まされているので、中途半端な演技や覚悟はすぐに見透かされてしまいます。何とか人気を得たとしても、一度失敗をしてその期待を裏切れば、なかなか同じステージに戻るのが難しい時代になっているのは、蕓能人と同様で、よくお分かりのことと思います。

而且聲優粉接觸的內容多,感覺非常敏銳,一眼就能看穿半吊子的演技及覺悟。想必大家都很清楚,如今這樣一個時代,聲優和娛樂圈藝人一樣,即便好不容易獲得一些關注,但只要一次失敗背叛了粉絲的期待就很難再回到這個舞臺上了。

だからこそ、「一生自分の聲で食っていきたい」と考えているのならば、やるべきことは、たった一つ。華やかなステージに立つために向ける努力以上に、聲優として認められる道を著実に進むことしかありません。

因此,若“想一輩子靠自己的聲音謀生”,那要做的事只有一件:將更多的精力放在如何讓他人承認你是個聲優這件事上,而不是花功夫站上華麗的舞臺,僅此而已。

本內容為滬江日語原創翻譯,嚴禁轉載。

精華閱讀推薦:

2018年最受歡迎的日本女性聲優TOP10

日本五次男性聲優熱潮:宮野真守是新的開拓者?!