朝食の食卓から車のシート、職場のデスク、ふたたび車のシート、そして家のソファーへと、ほぼ身體を動かさず、座りっぱなしの生活をすることが原因となって起こるものです。

從早飯餐桌坐到車上,再坐到辦公桌前,再次坐上車,接著就是坐到家里的沙發上,一整天幾乎都沒有運動,一坐到底,這就是產生久坐病的原因。

椅子に座ったまま長時間過ごしたり、ソファーにへたり込んだりすることだって、血栓や非アルコール性脂肪肝、心臓病、がんといった、生命を脅かすような狀態と関わりがあります。

長時間坐在椅子上或者癱在沙發上的生活習慣,與血栓、非酒精性脂肪肝(NAFLD)、心臟病、癌癥等威脅生命的疾病息息相關。

座りっぱなしは、脳の健康にも影響している

久坐還會影響腦健康

そして、脳への影響も例外ではありません。2018年4月に発表された研究によると、座りっぱなしの生活を送ることで、記憶の形成にまつわる重要な脳のエリアが縮小することが示されました。

而久坐對腦產生影響也是不可避免的。根據2018年4月的研究成果,久坐生活會使大腦中形成記憶的區域縮小。

太りすぎは病気のリスクを高めるのですが、座りすぎの問題は、太ること以上なのです。確かに座っている時間が長くなると、健康的な體重をキープすることが難しくなります。

過度肥胖會增加疾病的發生率,然而久坐與之相比,則有過之而無不及。毫無疑問,久坐會增加保持健康體重的難度。

「座っていると、立っている時や軽く歩いている時の半分しかカロリーを消費していません」と、デービッド?アルターさん(UHN-Toronto Rehabilitation Institute で循環器および代謝の研究で教授を務める)は説明します。

大衛·阿爾特(多倫多康復中心研究循環器官與代謝的教授)指出:“坐著時只會消耗站立或行走時一半的卡路里?!?/div>

でも、もしあなたがやせていても、座りっぱなしの生活スタイルは健康に大きな問題をもたらす可能性があります?!干眢wを動かしていないと、脂肪の燃焼や糖の代謝のほか、インスリンに対する反応などに影響を與えるのです」とアルターさんは解説します。

然而即使你保持了體型,久坐的生活方式也可能給健康帶來巨大的危害。阿爾特教授解釋道:“不活動身體,除了會影響脂肪燃燒和糖分代謝,還會影響胰島素反應?!?/div>

座りっぱなしだと、コレステロール値や炎癥マーカー、トロポニン(心臓の筋肉細胞が損傷している場合に作られるたんぱく質)も上昇する可能性があります。そういった生理學的な変化は、糖尿病になるリスクをほぼ2倍にし、循環器系の病気になるリスクを14%高めます。

久坐還可能造成膽固醇值、炎癥標記、肌鈣蛋白(心臟的肌肉細胞受損時產生的蛋白質)的升高。這些生理學上的變化,會導致患糖尿病的風險增加近兩倍,患循環器官疾病的風險增加14%。

実験でわかった! 座りっぱなしで體脂肪が増える

通過實驗即可了解!久坐會增加身體脂肪

そこで、1日に最低でも1萬歩以上歩いている健康な若い成人を集めて、1日に歩く歩數を1500歩に制限する実験が行われました。

我們集合了每天最少走1萬步的健康的年輕成年人進行實驗,限制他們每天最多走1500步。

英國リバプール大學の加齢?慢性疾患研究所のダン?カスバートソンさんによると、実験の參加者は、その狀態でいつも通り仕事に行ったり、家族の世話をしたりしました。予想されたように、2週間のうちに実験の參加者たちの體脂肪がとくにウエストまわりに増え、総筋肉量が減りました。

英國利物浦大學加齡·慢性疾病研究所的旦·喀斯沃特遜的實驗中,讓實驗的參加者保持這種狀態,和往常一樣工作生活。與預想的結果一樣,2周內,實驗參加者的體脂肪、特別是腰部周圍的體脂肪增長,總肌肉量減少了。

でも、驚くことに、インスリン感受性が減り、肝臓に蓄積する脂肪と中性脂肪も増えるという変化も起きたのです。

但令人震驚的是,同時還發生了這種變化:胰島素感受性降低、肝臟積存脂肪與中性脂肪增加。

座りっぱなしの生活は“すぐに現れる問題”ばかりではなく、“あとあと深刻な結果につながる問題”も引き起こします。これらの変化は実験の參加者たちがいつもの生活を再開すると、すべて元に戻りました。

久坐生活不光會“馬上就會出現問題”,隨時間推移還會引起“越來越嚴重的后果”。這些變化在實驗參加者恢復往常生活后全部恢復正常。

座りすぎによる健康への影響

久坐對健康的影響

起き上がって動くことが、タンパク質や遺伝子、そのほかの病気をコントロールするカギだからでしょう。以下に、“座り病”の影響を挙げます。

起身運動是控制蛋白質、遺傳因子與其他疾病的關鍵。下面列舉幾個“久坐病”的影響。

1. うつ病と不安

1.憂郁癥與不安

『Mental Health and Physical Activity』誌に掲載されたある研究によれば、仕事中に座っていれば座っているほど、たとえ運動をしていても、うつ病と不安のリスクは大きくなります。

雜志《Mental Health and Physical Activity》刊文的研究顯示,就算做運動也挽救不了久坐工作引起的憂郁癥與不安的發病率。

ほかの研究によると、逆に言えば一日中動けば動くほど、より幸せを感じるのです。

其他的研究中指出,反過來說一天之中越是運動,就越會感到幸福。

2. 背中と首の痛み

2.脊椎·頸椎疼痛

わずか數時間座っているだけでも、背中の下のほうの椎間板が圧迫されてしまうのです」と、ペンシルバニア州立大學で整形外科?リハビリテーションの準教授を務めるグレゴリー?ビリーさんは解説します。

賓夕法尼亞州立大學整形外科康復醫學副教授格列高利·比利指出:“就算只坐幾小時,也會壓迫背部下方的椎間板?!?/div>

姿勢が悪いと、首の椎間板に問題を起こす可能性も出てきます。

如果坐姿不好,還可能引起頸椎間板疾病。

3. がん

3.癌癥

座りっぱなしだと、運動をしていても、炎癥のほか、體重の増加などにより大腸がんや子宮內膜がんのリスクが高まります。

久坐即使運動也會導致炎癥及體重增加,更可怕的是還會增加大腸癌與子宮內膜癌的患病率。

『Journal of the National Cancer Institute』誌のある研究によれば、座っている時間が1日に2時間増えるごとに大腸がんのリスクが8%、子宮內膜がんのリスクが10%上昇します。

雜志《Journal of the National Cancer Institute》的某項研究指明,每天坐著的時間每增加兩小時,患大腸癌的幾率會增加8%、患子宮內膜癌的幾率增加10%。

4. 肥満、糖尿病、心臓のトラブル

4.肥胖、糖尿病、心臟疾病

「長時間座っているとカロリー消費が少なくなるばかりではなく、インスリンによってブドウ糖を血液から細胞に取り込む能力も低下してくるのです」と、アルターさんは指摘します。

阿爾特指出:“久坐會降低卡路里消耗,對胰島素產生的影響也會使降低葡萄糖從血液滲入細胞的能力?!?/div>

コレステロールと炎癥マーカーの値も上がる可能性があります。また、脂肪をどのように代謝するかが変わって、血管の機能も低下する可能性があります。

膽固醇與炎癥標記的數值可能上升。另外,根據代謝脂肪的不同方式,也有可能降低血管機能。

5. 骨が弱くなる

5.弱化骨骼

立っていることや歩くことを含む體重負荷運動を行うと、骨に刺激が加えられ、特定の細胞が反応することで、古い骨が新しい骨に置き換わっていくのです。

進行站立或行走等身體高負荷運動時,會刺激骨頭,導致特定細胞做出反應,新骨生長替換舊骨頭。

座りすぎていると、骨の量は減っていくのに、新しい骨で置き換えられずに、骨がもろくなっていきます。とくに歳を取ると、骨粗しょう癥のリスクが高まってくるのです。

但久坐會在骨量減少的同時,無法做到新舊骨置換,骨質變得脆弱。上年紀后,患骨質疏松的幾率增加。

6. 血栓

6.血栓

座りっぱなしの生活スタイルを送ると足の血流が滯り、血栓ができるのを防いでくれるタンパク質が減る可能性が出てきます。そうなると、血栓ができるリスクが高まります。

久坐的生活方式導致足部血液滯留,可能會引起抑制血栓產生的蛋白質減少。由此增加血栓產生的幾率。

1週間に40時間以上座っている人は、10時間以下しか座っていない人に比べて、血栓が肺に移動するリスクは2倍以上になるのです。

1周內坐40小時以上的人血栓向肺部移動的幾率,是僅坐10小時以下的人的2倍以上。

運動を生活の一部に!

請將運動當作生活的一部分!

本翻譯為滬江日語原創,未經授權禁止轉載。

相關閱讀推薦:

變身為“早起型人”:養成早起習慣的4個要點

冬天泡澡是日本人長壽的秘訣,但這些事需要注意!

您感興趣的課程有優惠啦,快去看看: