レベル:初級
難易度:★★☆☆

Q:「くらい(位)」と「ころ(頃)」は、どうやって使い分けする?
Q:「くらい(位)」和「ころ(頃)」如何區分呢?
A:「くらい(位)」と「ころ(頃)」は、ともに「大體~」という意味合いが含まれます。
A:「くらい(位)」和「ころ(頃)」都含有表示“大概”的意思。
例:クラスには40人位います。
3時頃に授業が始まります。
書き方については、「くらい/ぐらい」「ころ/ごろ」と2通りの書き方があります。どちらを使っても意味に変わりはありませんので、特に使い分けする必要はないでしょう。
在書寫方式上,「くらい/ぐらい」「ころ/ごろ」都有兩種寫法。怎么寫意思都不會改變,所以沒有必要特意區分吧。
使い分け方についてはは、「くらい」は物の數量の大まかさを表現する、「ころ」は時間の大まかさを表現するという大きな原則があります。言い方を変えれば、
在使用方法上來看,原則上,「くらい」是表現事物的數量大小,「ころ」是表示時間的大小。換句話說就是:
數量詞+「くらい/ぐらい」
時間+「ころ/ごろ」
ということになります。
例:
レポートは4000字「ぐらい」書かなければいけません。
電車は4時「頃」に著くと思います。
リンゴを3つ「ぐらい」買ってきてください。
コンサートは夜七時頃に始まります。
しかし、現在の日常會話の場面では、「ころ」の代わりに「くらい」を使用する傾向が強いです。なので、以下の例句は、どれでも正しい日本語です。
但是,現在日常會話的場景下,「くらい」代替「ころ」來使用的傾向比較強。所以,下面的例句都是正確的日語。
例:
クラスには40人「位」います。
3時「頃」に授業が始まります。
3時「位」に授業が始まります。
○電車は4時「頃」に著くと思います。
○電車は4時「位」に著くと思います。
ここで要注意なのは、「くらい」を使うセンテンスでは、「くらい」を「ころ」で代用することができません。
這里要注意的是,用「くらい」的句子,不能將「ころ」代替「くらい」來使用。
例:
○クラスには40人「位」います。
×クラスには40人「頃」います。
○リンゴを3つ「位」買ってきてください。
×リンゴを3つ「頃」買ってきてください。
結論としては、外國人學習者にとって、
總之,對于外國學習者來說,這樣使用就好了吧:
數量詞+「くらい/ぐらい」
時間+「ころ/ごろ」
というふうに使い分けした方が無難でしょう。

相關鏈接:【詞匯用法辨析】用「ある」還是「いる」?

聲明:雙語文章中,中文翻譯僅代表譯者個人觀點,僅供參考。如有不妥之處,歡迎指正。