課文

二胡
朱芳麗
オフィシャルホームページへようこそ

プロフィール:
朱芳麗(チュウ·ファンリー/ZHU FANGLI)
中國北京市出身。10歳の時、中國伝統音楽院入學。12歳で中國二胡コンクール優勝。その後、中國最高峰の楽団「中國中央民族楽団」で8年間ソリストを務める。中國國內で演奏者としての地位を築いた後、二胡の新たな表現を目指して2005年來日。

2006年、中國伝統音楽を集めたCDアルバム「弦原」(げんげん)をリリース。その後、次々と新しいアルバムをリリースしている(「下弦」「華」「平原の風」)。伝統的な音楽にとどまらず、ポップス、ジャズ、クラシックなど幅広いジャンルの楽曲も演奏し、二胡の表現の世界を広げている。日本では、映畫音楽(「RIVERS」「桜咲くころ」ほか)やCM音楽(「竜虎酒造」「三ツ村電機」ほか)も數多く手がけ、テレビ·ラジオにも出演している。2009年、アメリカ、フランス、韓國でもCDをリリース。世界に活躍の場を広げている。

現在、日中の伝統楽器奏者10名からなる「YASAKA」のリーダーを務める。伝統音楽や各國の民俗音楽をジャズアレンジするなど、日中の伝統楽器で演奏するという新たな「融合」に挑戦し、世界各地でコンサートを行っている。

インフォメーション

コンサート情報:
チュウ·ファンリー 二胡コンサート 2012
名曲シリーズ第1弾!悠久の歴史と新しい風のコラボレーション。
美しい二胡の音色に乗せて、日中の名曲をお楽しみいただきます。
今回、お客様からのリクエストに応えて、中國古典の名曲「二泉映月」を演奏いたします。ぜひおいでください!

2012年6月23日(土)????? 17:45開場 ??? 18:30開演
チャントリーホール ??????? 小ホール
料金前売り? 大人 ??? ? ? ? ? 4000円(當日4,500円)
? ? ? ? ? ? ? ? 高校生以下????? 2500円(當日3,000円)
主催? 御堂音楽事務所
後援? 心身堂/中中新聞

アバウトアーフ

二胡について:
音色は人の聲の響きに似ていて、物悲しさを誘うといわれます。

「胡」という文字は、中國語で「北方の異民族」または「西方の異民族」という意味を表し、二胡はシルクロードを通って中國に伝わったといわれています。

本場中國では、民間の合奏、歌や語り物の伴奏などに広く用いられています。別名「中國のバイオリン」とも呼ばれますが、バイオリンは弓と本體が別になっているのに對し、二胡は2本の弦の間に弓が挾まっているのが特徴です。さらに、バイオリンは弓の片面しか使用しませんが、二胡は弓の表、裏両方を使って演奏します。

最近日本では、中國映畫の音楽やテレビCMのBGMとして使われたこともあって、二胡の人気が高まっています。ジャズとのセッションや、ロックとの融合なども盛んに行われていて、歐米などにも二胡ファンが増えています。

メッセージ

いただいたメッセージから一部をご紹介します
福岡のクリスマスコンサートに行きました。生で二胡の曲を聞くのは初めてでしたが、本當にすばらしかったです!その後、自分でも弾けるようになることを夢見て、二胡教室に通い始めました。いつか朱芳麗さんのようなすばらしい音色が出せるようにと思って、日々練習に勵んでいます。(福岡市 富永英子)

中國會館で聞かれた、「中國古典音楽のタベ」に行きました。ゆったりと、そして情熱的に奏でられる二胡の響きに心を打たれ、いつのまにか悠久の歴史を持つ中國の雄大な風景が目に浮かんできました。これまでにも増して朱さんのファンになりました。これからもすばらしい演奏を屆けてください。(目黒區 太田結子)

CDの発売を首を長くして待っていました。早速購入し、毎日聞いています。澄みきった音色に心がいやされ、日ごろのストレスを忘れます。二胡獨特の音色をたっぷりと堪能できるすばらしい作品だと思います。(大阪市 中田寛)

新出語彙2

オフィシヤル [形2] 官方(的)、正式(的)
ようこそ [副] 歡迎,熱烈歡迎
プロフィール [名] 人物簡介,小傳
チュウ·ファンリー(朱芳麗) [專] 朱芳麗
ちゅうごくでんとうおんがくいん(中國伝統音楽院) [專] 中國傳統音樂學院
がくだん(楽団) [名] 樂團
ちゅうごくちゅうおうみんぞくがくだん(中國中央民族楽団) [專] 中國中央民族樂團
ソリスト [名] 獨奏者,獨唱者
のち(後) [名] 后、之后;以后
シーディーアルバム(CD~) [名](歌曲)專輯
げんげん(「弦原」) [專] 弦原
リリース [名·サ變他] 發行,發刊
かげん(「下弦」) [專] 下弦
へいげんのかぜ(「平原の風」)[專] 平原之風
とどまる [動1自] 限于,只,止于
がっきょく(楽曲) [名] 樂曲
リバーズ(RIVERS) [專] 江河水
はなさくごろ(「花咲くころ」) [專] 花開時節
てがける(手がける) [動2他] 自己動手
そうしゃ(奏者) [名] 演奏者
やさか(「YASAKA」) [專] 彌榮
みんぞく(民俗) [名] 民俗
がっき(楽器) [名] 樂器
ゆうごう(融合) [名·サ變自] 融合;合并
めいきょく(名曲) [名] 名曲
シリーズ [名] 系列,連續,一套
コラボレーション [名] 共同制作
のせる(乗せる) [動2他] 和著,伴隨著;乘載
リクエスト [名·サ變他] 點播,要求,希望
こたえる(応える) [動2自] 響應,反應,報答?? ?
こてん(古典) [名] 古典?? ?
にせんえいげつ(二泉映月) [專] 二泉映月?? ?
かいじよう(開場) [名·サ變自] 開門,入場
かいえん(開演) [名·サ變自] 開演
チャントリーホール [專] 千得利
ホ一ル [名] 劇場;大廳,大堂
まえうり(前売り) [名] 預售,預先售票
みどうおんがくじむしょ(御堂音楽事務所) [專] 御堂音樂事務所
たんのうする(堪能~) [名·サ變自他] 享受,十分滿意
こうえん(後援) [名] 贊助,支援
ちゅうちゅうしんぶん(中中新聞) [專] 中中新聞
ひびき(響き) [名] 回聲、音嗣
ものがなしさ(物悲しさ) [名] 傷感
ほっぽう(北方) [名] 北方
いみんぞく(異民族) [名] 外來民族,異民族
せいほう(西方) [名] 西方
シルクロード [專] 絲綢之路
がっそう(合奏) [名·サ變他] 合奏
かたりもの(語り物) [名] 說唱的故事
ばんそう(伴奏) [名·サ變他] 伴奏
ゆみ(弓) [名] 弓
げん(弦) [名] 弦
はさまる(挾まる) [動1自] 夾
かためん(片面) [名] 一面,單面
ビージーエム(BGM) [名] 背景音樂
セッション [名·サ變自] 合奏
ふくおか(福岡) [專] 福岡
ゆめみる(夢見る) [動2他] 夢想,幻想;做夢
はげむ(勵む) [動1自] 努力,刻苦,勤勉
とみながえいこ(富永英子) [專] 富永英子
ちゅうごくかいかん(中國會館) [專] 中國會館
ゆうべ(夕べ) [名] 晩會;傍晩、黃昏
じょうねつてき(情熱的) [形2] 熱情的
かなでる(奏でる) [動2他] 奏,演奏
いつのまにか [副] 不知何時,不知不覺
めぐろく(目黒區) [專] 目黑區
ゆいこ(結子) [專] 結子
すむ(澄む) [動1自] 清新悅耳,清澈
すみきる(澄みきる) [動1自] 清晰悅耳,清澈透明
ひごろ(日ごろ) [名] 平時、平常
ひろし(寛)[專] 寬
こころをうつ(心を打つ) 打動心靈,扣人心弦
めにうかぶ(目に浮かぶ) 浮現眼前
くびをながくする(首を長くする) 翹首盼望
~弾(だん) ~坊
~區(く) ~區

下一頁:課文解說1