課文

美しいオリンピック

2008年8月8日、午後8時8分、北京にある國立の屋外競技場、愛稱「鳥の巣」で、世紀のイベントがを開けた。中國國民が待ちに待ったオリンピックだ。夏季オリンピックは、1964年の東京、1988年のソウルに続く、アジアで3回目、20年ぶりの開催だが、その中でも北京オリンピックは史上最大の規模を誇り、204の國や地域から、11,000人あまりの選手が參加した。

言うまでもなく、オリンピックはスポーツの祭典なので、関心の対象は、金·銀·銅のメダル獲得をめぐって繰り広げられる選手たちの熱い戦いにある。しかし、北京オリンピックは、競技が始まるずっと以前から世界中の注目を浴びていた。
それは、開會式の演出を擔當するチームを率いていたのが、張蕓謀だったからだ。張蕓謀は「赤いコーリャン」でデビューした後、「あの子を探して」「初戀のきた道」「至福のとき」など數々の名作を世に送り出し、その名を不動のものにした中國を代表する映畫監督の1人である。

開會式が始まると、「鳥の巣」に集まった9萬もの観衆はもとより、世界でその様子を見屆けようとしていた何十億の人々が、すっかりテレビに釘付けにされてしまった。3時間半に及ぶ開會式は、その全體を通して、ふんだんに中國文化の要素が取り入れられていた。

開會式の演出テーマは、「美しいオリンピック」?!给Bの巣」の中央に映し出された「絵巻物」を舞臺にして、サブテーマの「すばらしい文明」と「輝かしい時代」が描き出された。その中で、中國古代の4大発明、つまり「火薬」「紙」「活版印刷」「羅針盤」という、人類社會の発展に大きな役割を果たしてきた技術に焦點が當てられた。例えば、古代活版印刷をモチーフに漢字の「和」を使いながら2千年に及ぶ漢字の変遷を表現したり、花火によって「火薬」発明への敬意を表したりといった具合だ。ほかにも、至る所に悠久の歴史を持つ中國ならではの演出が満ちあふれていた。

開會式を締めくくる聖火臺への點火も観衆の度肝を抜くものであった。聖火を受け継いだ最後のランナーは、ワイヤーで空中に吊り上げられると、「鳥の巣」最上部の壁面を走るようにして遊泳し出したのだ。すると、ランナーの跡を追うようにして、壁面のスクリーンには、4か月以上にわたって全世界で行われた聖火リレーの様子が映し出されていった。そして、1周し終わると、そこには、紙をくるりと巻いたような形の聖火臺がスポットライトによって姿を現し、ランナーが導火線に點火することでクライマックスを迎えた。思わず驚きの聲を上げてしまった人もいたのではないか。どのオリンピックでも開會式の演出は秘密のベールに包まれているが、関係者以外で、果たしてこのような演出を想像できた人間は何人いただろうか。

スポーツの祭典の開會式はまさに蕓術の祭典と化していた?!赣钞嫟冗`って撮り直しができない。オリンピックの開會式で與えられているチャンスはただ1度だ」と張蕓謀自身が言うように、開會式の一瞬一瞬のために、3年間にわたり、練習に練習を重ね、綿密に準備されてきた実に驚きずくめの演出であった。

オリンピックは、単に全世界のスポーツ選手の最高峰の競い合いの場であるだけではなく、開催國の文化や伝統を全世界に披露する大舞臺でもある。張蕓謀の監督のもと、中國の人々が演出した「美しいオリンピックは、「鳥の巣」の中で見事に花を咲かせたといっても過言ではないだろう。それは、表面的な映像美ということではなく、悠久の歴史を持つ伝統·文化への尊敬に裏付けされた彼らの巧みな演出により、見る人の心に強烈なイメージを殘したからである。

【注】張蕓謀(1951一)陜西省西安市出身。映畫監督。

新出語彙2

おくがい(屋外) [名] 戶外、室外、露天
きょうぎじよう(競技場) [名] 體育場
あいしょう(愛稱) [名] 愛稱,昵稱
とりのす(鳥の巣) [專] 鳥巢
せいき(世紀) [名] 世紀
まく(幕) [名] 幕,帳幕
かき(夏季) [名] 夏季
ソウル [專] 首爾
しじょう(史上) [名] 歷史上
ほこる(誇る) [動1自] 夸耀
さいてん(祭典) [名] 盛典,慶祝式
きん(金) [名] 金
どう(銅) [名] 銅
くりひろげる(繰り広げる) [動2他] 展開,打開;走行,開展
たたかい(戦い) [名] 競爭;戰斗
きょうぎ(競技) [名] 競技,比賽
あびる(浴びる) [動2他] 受、蒙、遭
ひきいる(率いる) [動2他] 率領;帯領
あかいコーリャン [專] 紅高梁
しふくのとき(「至福のとき」) [專] 幸福時光
よ(世) [名] 世上,人間
おくりだす(送り出す) [動1他] 送出
ふどう(不動) [名] 不可動揺,堅定
かんしゅう(観衆) [名] 觀眾
みとどける(見屆ける) [動2他] 看到,看準,看清
くぎづけ(釘付け) [名] 被釘住,釘住
ふんだん [副] 大量,很多
ようそ(要素) [名] 要素
ちゅうおう(中央) [名] 中央
うつしだす(映し出す) [動1他] 放映出來
えまきもの(絵巻物) [名] 畫卷
かがやかしい(輝かしい) [形] 輝煌,耀眼
かき出す(描き出す) [動1他] 描繪出
こだい(古代) [名] 古代
かやく(火薬) [名] 火藥
かっぱんいんさつ(活版印刷) [名] 活字印刷
らしんばん(羅針盤) [名] 指南針
しょうてん(焦點) [名] 焦點
あてる(當てる) [動2他] 使(局部)接觸;猜;指派;寫給,寄給
モチ一フ [名] 主題;中心思想
けいい(敬意) [名] 敬意
いたるところ(至る所) [名] 到處
みちあふれる(満ちあふれる) [動2自] 洋溢,飽滿
しめくくる(締めくくる) [動1他] 結束,總結
せいかだい(聖火臺) [名] 圣火臺
せいか(聖火) [名] 圣火
てんか(點火) [名·サ變自他] 點火
どぎも(度肝) [名] 膽子
うけつぐ(受け継ぐ) [動1他] 繼承,承繼
ランナー [名] 跑者;(棒球)跑壘員
ワイヤー [名] 鋼絲繩,金屬繩
くうちゅう(空中) [名] 空中
つりあげる(吊り上げる) [動2他] 吊上來,吊起來
さいじょうぶ(最上部) [名] 最上面
へきめん(壁面) [名] 墻面
ゆうえいする(遊泳~) [名·サ變自] 邁步行進,游泳
あと(跡) [名] 跡,痕跡
リレー [名] 傳遞,接力
くるりと [副] 回轉一圏卷起,回轉
スポットライト [名] 聚光燈
あらわす(現す) [動1他] 出現
どうかせん(導火線) [名] 導火線
クライマックス [名] 最高潮
ベール [名] 面紗
かす(化す) [動1他] 化為,變成
とりなおす(撮り直す) [動1他] 重新拍
たんに(単に) [副] 僅,只,單
さいこうほう(最高峰) [名] 最高峰,最高潮
きそいあい(競い合い) [名] 競賽,爭奪
ひょうめんてき(表面的) [形2] 表面的
そんけい(尊敬) [名·サ變他] 尊敬,敬仰
うらづける(裏付ける) [動2他] (從旁)支持;證實,印證
たくみ(巧み) [形2] 巧妙,精巧
せんせいしよう(陜西?。?[專] 陜西省

まくをあける(幕を開ける) 開幕,開始
ちゅうもくをあびる(注目を浴びる) 受到矚目,被關注
よにおくりだす(世に送り出す) 向世間奉獻;讓……問世
どぎもをぬく(度肝を抜く) 使大吃一驚
あとをおう(跡を追う)追趕
すがたをあらわす(姿を現す)顯現
こえをあげる(聲を上げる)發出大聲
はなをさかせる(花を咲かせる)使開花
そのなをふどうのものにする(その名を不動のものにする)鞏固其名聲,使其地位無可動揺

~あまり 余,多
サブ~ 副~,第二~,小~
~大(だい) ~大
~國(こく) ~國
~美(び)~美
~?。à筏绀Γ?/p>

下一頁:課文解說1